看護士が後十字靭帯損傷、腓骨神経麻痺等で併合8級をとり4,000万円の賠償金を得た事例

概要

   

看護士が後十字靭帯損傷、腓骨神経麻痺等で併合8級をとり4,000万円の賠償金を得た事例

被害者の属性 看護師
事故の分類 勤務中に自動車の運転をしていたところ、居眠り運転の車と衝突した。
負傷の内容 多発性骨折
負傷部位
傷病名 大腿骨骨折に伴う膝関節・足関節の機能障害、後十字靭帯損傷、腓骨神経麻痺
後遺障害等級 併合8級
賠償金額(保険会社提示額) 4,000万円
症状固定から解決までの期間 2年

 

解決のポイント

事前認定、異議申し立て、示談交渉と弁護士の十分なサポートが受けられたケースで、結果的に高額な賠償金額の支払いが認められた。

 

所感

後遺障害で併合8級を取得されてから依頼。この時点での保険会社からの提示金額はなかった。異議申し立てをしたところ、一部依頼者の言い分が認められて、正しい認定を得ることができた。特に、当初の認定の段階では、後十字靭帯損傷、腓骨神経麻痺について認定がなされなかったが、必要な検査を実施することで、適正な判断がなされた。その後、保険会社と交渉に入り、高額の賠償金額が認められた。

083-234-1436 受付時間 平日 9:00〜18:00 土日祝 10:00〜17:00
083-234-1436 受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝10:00〜17:00