男性会社員が追突され頚部及び腰部に遺障害を負った後遺障害併合14級の事案

概要

   

男性会社員が背部から追突され頚部及び腰部に遺障害を負った後遺障害併合14級の事案

被害者の属性 40歳代 男性 会社員
事故の分類 道路でかがんで仕事をしていたところ、前方不注意の加害車両により背部から追突された
負傷の内容 頚部痛、手指痺れ、腰痛、不眠等
負傷部位 首、手、腰
傷病名 頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板症等
後遺障害等級 併合14級(頚部と腰部にそれぞれ14級9号に認定あり)
賠償金額 270万円
症状固定から解決までの期間 11ヶ月

 

解決のポイント

認定等級を前提に裁判実務基準で任意保険会社と交渉したところ、従前の提示額から100万円程度増額した270万円で示談することができた。

 

所感

当方に依頼される前から休業損害等を多く受領されていたため、賠償金額は伸びは小さ目であるが、トータルすれば1300万円以上の取得となり、依頼者の方は満足された。

083-234-1436 受付時間 平日 9:00〜18:00 土日祝 10:00〜17:00
083-234-1436 受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝10:00〜17:00