自営業の男性が左母指CM関節脱臼で後遺障害認定を受けた上で、逸失利益の基礎収入額の認定について裁判基準で解決できた事例

概要

    自営業の男性が左母指CM関節脱臼で後遺障害認定を受けた上で、逸失利益の基礎収入額の認定について裁判基準で解決できた事例

被害者の属性 44歳 男性 自営業
事故の分類 直線道路において、自動二輪車を運転していたところ、対向車線を右折進行してきた普通乗用車に衝突した。
負傷の内容 左母指CM関節を脱臼
負傷部位 手指
傷病名 母指CM関節脱臼
後遺障害等級 左母指CM関節を脱臼 局部に神経症状を残すもの (14級9号)
賠償金額 280万円
症状固定から解決までの期間 1年4ヶ月

 

解決のポイント

弁護士による交渉後も、後遺障害逸失利益の基礎収入について、被害者が自営業であったため、保険会社からは現実の収入金額を大幅に下回る申告所得金額を基礎収入とすべきとの主張がなされたが、粘り強く交渉した結果、申告所得金額をそのまま採用することは不相当であるとの当方の主張が認められ、他の損害項目についても、裁判基準による解決がなされた

 

所感

後遺障害逸失利益の基礎収入額の認定については、被害者が事業所得者である場合に特に争いとなります。基礎収入の算定方法については、基本的には確定申告の申告所得額をベースにしますが、例えば、青色申告控除分については申告所得額に加算する等の専門的な判断が必要となります。本件は、専門的な判断に基づき基礎収入の算定ができたことにより、保険会社の提示金額を大幅に上回る内容で示談が成立しました。

083-234-1436 受付時間 平日 9:00〜18:00 土日祝 10:00〜17:00
083-234-1436 受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝10:00〜17:00