弁護士による示談代行

概要

 

被害者の属性 40代 男性
事故の分類 自動車乗車中に左方向から衝突された事例
負傷部位 首,腰
傷病名 頚椎捻挫,腰部捻挫
後遺障害等級 なし

 

依頼のきっかけ

 被害者は、事故によって車両修理費約30万円と怪我を負う損害を負いました。しかし、事故の相手方は、鳥取県に住んでいるため面談することもできず、電話をかけても電話にでてくれないという状態でした。まったく示談が進まない被害者はシビレを切らして相談にいらっしゃいました。

 

交渉の経緯

 依頼を受けた後、弁護士が加害者に電話連絡をしてみると、案の定電話にでませんでした。書面を送付しましたが、折り返しの連絡は一切ありませんでした。そこで、「連絡を頂けない場合には、訴訟提起など法的措置を取らざるを得なくなりますので一度ご連絡ください。」という旨の書面を送付したところ、電話連絡がきました。

 

 被害者と加害者同士の交渉では、修理費30万円を毎月1万円ずつ支払うという内容で示談が進められていましたが、一括払いをしてもらうことに成功しました。

 


弁護士の目

 加害者の中には、無保険で車両修理費を自費で払わなければならない人も多く存在します。加害者はなんとか支払わない方向、支払いを減らす方法を取ろうとします(きちんと賠償をしてくれる加害者もいますが。)。いわゆる逃げ得です。

 

そういう場合、被害者は加害者と示談交渉を行ってもうまく話しが進まないことが多いです。

しかし、弁護士が介入することで、逃げ得をさせるおそれは大きく減少します。なぜなら、裁判によって勝訴判決を得て、加害者の給与債権や財産を強制執行することができるため、弁護士からは逃げられないと加害者は考えるからです。そのため、弁護士に示談代行を依頼することで一気に事件解決へと進むことが多いので、

 

したがって、まずは弁護士に相談をし、示談代行を依頼してはいかがでしょうか。



083-234-1436 受付時間 平日 9:00〜18:00 土日祝 10:00〜17:00
083-234-1436 受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝10:00〜17:00