弁護士の介入により事前に提示された示談金が増額された事例

被害者の属性 20代 男性 
事故の分類 バイクで直進中,駐車場から出てきた右折車に衝突された。
傷病名 腎臓の障害及び鎖骨変形
後遺障害等級 併合10級

 

依頼のきっかけ

 保険会社からは,約1100万円の示談金の提案がありましたが,納得がいかず,当事務所にお越しになられました。

 特に,ご依頼者様の過失割合が2割とされたことについて,ご不満をお持ちのようでした。

交渉の経緯

 過失割合2割のままでは,訴訟もやむなしとの姿勢で交渉に臨んだところ,ご依頼者様の過失割合1割で示談ができることになりました。  それに伴い,最終的には,約1500万円の示談金がご依頼者様に支払われることになり,約400万円の増額に成功しました。

 

弁護士の目

 本件のご依頼者様は,弁護士費用特約付の保険に加入されていなかったため,弁護士に依頼するかどうか迷われたそうですが,当事務所では,弁護士費用特約に加入されていない方でも完全成功報酬制でご依頼を受けることが可能ですので,弁護士費用のことを気にすることなく,ご依頼いただけたのだと思います。

 また,訴訟提起することなく,交渉で解決できたため,金額が大きい割に比較的短期間で解決できたことも重要なポイントではないかと思います。

 

083-234-1436 受付時間 平日 9:00〜18:00 土日祝 10:00〜17:00
083-234-1436 受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝10:00〜17:00