裁判手続により後遺障害14級相当から12級相当へ認定が変更された事例

被害者の属性 40代 女性 
事故の分類 道路を直進中,右折車に衝突された。
傷病名 右鎖骨骨幹部骨折等
後遺障害等級 14級

 

依頼のきっかけ

 事故の影響で右肩が全く挙がらなくなったにもかかわらず,後遺障害の認定が14級相当という結果となり,保険会社からの約100万円の示談金の提案に納得がいかず,当事務所を訪れました。

交渉の経緯

 まずは,14級という結果に納得がいかなかったため,10級相当と主張して訴訟提起しました。

 そして,カルテを入念にチェックした後,訴訟の中で,治療をご担当された病院の先生に対して,書面尋問という手続を取るなどして,10級相当の根拠となる証拠の収集に務めました。

 また,裁判官に直接,被害者の方のお話しを聞いていただくことで,怪我の状況を理解していただくことに務めました。

 その結果,第一審では,12級相当という判決が下されました。

 その後,相手から控訴され,約500万円で和解が成立しました。

 

弁護士の目

 後遺障害の認定を争う手段としては,まず,異議申し立てが考えられますが,異議申し立てを行っても結果が変わりそうにない場合であっても,本件のように訴訟の結果,等級が変わることもあります。

 等級の結果に納得がいかない方は,一度,当事務所にご相談いただければと思います。

083-234-1436 受付時間 平日 9:00〜18:00 土日祝 10:00〜17:00
083-234-1436 受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝10:00〜17:00