男性の家事従事者としての休業損害を請求し,その後示談した事例

被害者の属性 40代男性
事故の分類 知人の乗車する自動車に乗車中,道路上障害物に衝突をした事案。
傷病名

頚椎症性神経根症腰部捻挫

 

依頼のきっかけ

 事故後,Yさんは事故により仕事を続けることができなくなり退職することとなりました。相手方保険会社から十分な休業損害をうけとることができず,生活に困り相談にいらっしゃいました。

交渉の経緯

 弁護士は,Yさんの当面の生活費を確保するためYさんに支払われていることが予定されている慰謝料の内払いを求めました。この内払いとして30万円近い金額が支払われ,生活費を確保することができました。

 治療終了後,損害賠償請求の示談交渉を行いました。Yさんは仕事を続けることができず退職をしていたので,両親のために家事をおこなっていました。そこで,家事従事者として休業損害の請求を行いました。

 結論として,休業損害150万円,慰謝料120万円の約270万円の賠償をうけることができました。


弁護士の目

 本件で約270万円という高額な賠償をうけることができた理由としては,仕事を退職した後に家族のために家事を行っていたことが大きいです。家事従事者(専業主婦,兼業主婦)は,他人のために家事を行っている場合には300万円前後の年収があるものと扱われます。家事を行うのは女性だけなく男性でも可能です。したがって,男性が家事従事者として休業損害を請求することもできます。

 男性の場合には家事従事者で休業損害を請求することは見落としがちです。弁護士に依頼をしていれば見落としを防げる結果,適正な賠償金を獲得することができます。

 相談するかどうかを悩まず,まず弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

083-234-1436 受付時間 平日 9:00〜18:00 土日祝 10:00〜17:00
083-234-1436 受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝10:00〜17:00