主婦が側面から衝突され、むちうち症やめまいを負う後遺障害14級相当の事案

概要

    主婦が加害車両により側面から衝突され、むちうち症やめまいの後遺障害を負った後遺障害14級相当の事案

被害者の属性 50歳代 女性 家事従事者
事故の分類 運転中、脇道から進出してきた車両に自車左側後部付近を衝突された
負傷の内容 頚部痛、めまい、倦怠感、耳鳴り等
負傷部位
傷病名 頚部捻挫、めまい症等
後遺障害等級 手足のしびれや耳鳴り等の症状(14級相当)
賠償金額 440万円
症状固定から解決までの期間 1年11ヶ月

 

解決のポイント

病院での検査を非常に不安にされていたが、同行することにより実現でき、その後円滑な被害者請求に進むことができた。任意保険基準では14級レベルでは労働能力喪失期間が2年程度しか認められないことが多いが、本件では5年をベースとすることができた

 

また、基礎収入も裁判基準に従い、賃金センサスの産業計、企業規模計、学歴計、女性労働者の全年齢平均賃金を利用し、任意保険会社の提示の倍額の賠償金を獲得することができた。

 

所感

任意保険会社は休業損害、逸失利益、慰謝料について低額の提示をし一切妥協しなかったたため訴訟を提起したところ、時間はかかったが、法的に妥当と思われる金額で和解することができた。訴えを提起する方法が最も有効な事案だった。

083-234-1436 受付時間 平日 9:00〜18:00 土日祝 10:00〜17:00
083-234-1436 受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝10:00〜17:00